事業紹介
ホーム > 事業紹介 > 油脂
食健美環境

油脂

カネダ創業期より中心にあった油脂は、社会的変化に伴いその使用用途が大きく広がり、今やいろいろな分野で重要な役割を果たしています。
油脂は食品の世界において私達にとって不可欠な栄養源であり、また食べ物をおいしくいただくパートナーとして無くてはならないものです。
最近ではn-3、n-6、n-9系脂肪酸の健康面への効果・効能が研究され話題となっています。
油脂は食品だけではなく乾性油が古くから塗料原料として使用されていることは旧知のことですが、現在インキ分野においては石油系溶剤の代替としてカーボンニュートラルの考え方に基づき植物油が使用されています。
またウレタン、ポリエステル、ポリアミド樹脂等の原料としてもその用途が拡大しています。
さらに化粧品用途には保湿効果や皮膚への浸透性から多くの種類の油脂及び油脂誘導体がスキンケアの一役を担い、医薬品用途にも油脂が使用され、カネダではGMP管理下において局方グレードの油脂を製造しております。

カネダ成長の木